コペン

ダイハツコペンは見た目こそ非常にコンパクトですが、オープンカーとなっており、2人乗りであることも特徴的な1台となっています。
見た目こそ軽自動車でとても小さいのですが、64馬力ものエンジンを搭載しており、1台1台、最終調整はダイハツの熟練技術者が行っていますので信頼性の高いモデルであることも知られています。

ルーフは自動で開閉できる

コペンのルーフは手動ではなく完全な自動となっていますので、突然雨が降ってきてしまったときでも走行中にルーフを閉じることができます。
またその他にも、夏場などで日差しが強い時に自動でルーフを閉じててくれるのはとても便利な機能です。

コペンの初めてのモデルは2002年となっていますが、その後は様々なタイプが販売され、スタイリッシュなタイプなども人気を集めています。
またレザー仕様のインテリアとなっているパッケージなどもあり、見た目だけではなく車内の装備に関しても高級感が漂います。
様々なカスタマイズを楽しみながらドライビングができるというのも、この車の 大きな魅力ではないでしょうか。

足回りがしっかりしている

コペンは前述の通り非常にコンパクトなタイプとなっているのですが、足回りがしっかりしているので山道を走行するといった場面でも、不安を感じることが少ないです。
また車体そのものも高くありませんので、風にあおられてしまうということもありません。
軽自動車ながらも2人乗りのオープンカーということで、新しいモデルが販売されるたびにコペンを乗り継いでいるといったドライバーさんもいます。

軽量設計になって可愛らしい本体とは裏腹にスポーティな走りを見せてくれるため、このような見た目と、走行のギャップが大きな魅力になっているのかもしれません。
インテリアにも細部までこだわり高級感を漂わせながら快適な発進などでドライバーの負担を軽減させてくれます。

カラーも豊富で選べる嬉しさ

ダイハツコペンは、ボディカラーと内装カラーが必ずしも一致しているわけではありません。
そのため、見た目のカラーとは裏腹にインテリアカラーを選ぶことも可能になっています。
単純に丸みを帯びて可愛らしいといった外観デザインではなく、そこにスタイリッシュさを加えることによって、現行のモデルは特に男性からの人気も高くなっています。

荷物をしっかりと積むことができるようにラゲッジスペースなども広々と設計されており、美しい曲線美がドライバーの心を癒してくれます。
またコペンはライト部分にも大きな特徴があり他の車種とは違ったデザインがスタイリッシュかつ、オリジナリティに溢れています。
にっこりと笑っているようなヘッドランプ部分はドライバーとして愛着がわくのも当然でしょう。

ウェイク

ダイハツウェイクは収納スペースがとてもたくさんあることや、車内そのものも広々としているといった特徴を持つ車です。
軽自動車でありながらそれ以上の大きさを持つ車のように感じられるスペースが確保されています。

カラーは基本が9色

ウェイクの基本カラーは9色となっています。
ブラックマイカメタリックやフレッシュグリーンメタリック、さらにはマイカメタリックオレンジメタリック、マイカメタリックパールホワイト、ブラウンクリスタル、マイカグレーメタリック、メタリックとなっています。

またこの他にもツートンカラーが準備されていますので一色だけでは物足りないという形におすすめです。
車内のアクセサリーに関しても満足のいくものばかりとなっており、助手席にはアンダーボックスが設置されていることや、その他にも助手席のシートバックテーブルが使えることなどは主婦にも嬉しい仕様となっています。
また、大型のインパネトレイなども設置されているので、比較的大きな荷物でもこのようなスペースに置くことができます。

その他のスペースを考えた場合にも大型車ハンドルやインパネアッパーボックスカップホルダーやグローブボックス、運転席シートクッションポケットまでもが標準装備となっています。
もちろんこのほかにもたくさんの収納スペースがあるので、小物から大きなものまでたっぷりと詰めても良いデザインになっています。

ベストポジションが決まる

ドライビングをする上でポジションというのはドライバーにとって、とても大切な部分となります。
ステアリングをはじめとして、その他にもインテリジェンス機能が搭載され手元で簡単な操作を行うことができるようになっています。
運転席のシートリフターに関してもちょうど良いバランスで設置されていますので、シートの角度を調整したいと思った時には、すぐにでも自分のベストポジションを見つけることができるでしょう。

車の背そのものが非常に高くなっていますので、窓も大きく視界が広々としているのも安心して運転できるポイントになります。
フルフラットにできるシートでのんびりと横になれるだけでなく、自転車やその他にも大きな荷物をたくさん積むことができます。
シートは撥水加工になっているので雨に濡れたまま車に乗り込んでも安心。

リヤは左右を別々に動かせる

リアシートが左右分割でリクライニングできるというのは、軽自動車の中でも非常に珍しいデザインだと言えます。
双方が連動してしまうのではなく、それぞれを分割してリクライニングすることができるため右側と左側でベストポジションを見つけて乗ることができるでしょう。

また両側ともパワースライドドアになっているので、ワンタッチオープン機能を使用することにより大きな荷物の積み込みも楽になります。
運転席からも簡単に操作することができるため、チャイルドプロテクションを使用しながらお子様の安全を守ることにもつながります。

大きな荷物の出し入れをする際などにはすぐにドアを閉めることができず困ることがありますが、ウェイクならば予約録機能があるので荷物を降ろして、しばらくしてから自動ロックをしてくれるというのもドライバーにとっては非常に大きな安心感になります。

ムーヴ

ダイハツムーヴはボディカラーが13色となっており、そのほかにもメーカーオプションのカラーを2つ選ぶことができます。
多くのカラーバリエーションがありますので、本当に自分の中で納得の出来るカラーを選ぶことができるでしょう。

普段使いをすることを考えて作られた車ですので、どのような景観にもマッチするカラーばかりとなっています。
また走行性能もクオリティの高いものになっていますので低燃費ながらもしっかりとしたパワーで、ドライビングをサポートしてくれます。

フォースコントロールでストレスが少ない

ムーブにはフォースコントロールという機能が搭載されており、ドライバーのストレスを最小限に抑えてくれています。
路面の凹凸などをしっかりと吸収し、車にかかってしまうダメージを抑制してくれます。
またボディに関しては軽自動車ながらも強度をアップさせており、さらにはサスペンションの特性を見直したなどといった部分からもチューニングそのものが非常に安定しており、運転中のストレスが軽減されています。

ECO モードで走行を行うことによってエネルギーを最小限に抑え、エコ走りを実現することができます。
パワーモードとECO モードの切り替えはステアリングスイッチで簡単に行うことができるようになっています。

シートも改良されている

従来のタイプに比べるとシートの形状も改良されており、長時間の走行でも疲れにくい設計となっています。
立体感を出したことによって腰などにかかる負担を最小限にとどめています。またドライビングポジションについても改良されており、ステアリングの位置やペダルのレイアウトが従来とは違っていますので、広々とした運転席で運転はすることができるでしょう。

ヒルホールドシステムが搭載されていますので坂道発進をする際には車の個体を防ぎ、すぐに前方へと向かってパワフルな走りをすることができます。
ムーヴは全ての車がエコカー減税の対象車となっていますので、このような事でも経済的に苦しいメリットがあります。

パネル操作も簡単

ムーヴのディスプレーパネルは操作が非常に簡単になっており、初めてこのようなタッチパネルを使用する方であってもすぐに操作が出来るようになっています。
ナビゲーションシステムに関してはボイスコントロールですので、運転中にはこちらの音声を頼りに目的地まで到着することができます。

その他DVD を再生することやワンセグによるテレビの視聴、さらには携帯電話のハンズフリー通話なども可能になりましたUSB 端子なども装備されていますので、音楽を聴きたいという方などには非常に重宝してくれる機能となっています。
また小さなタイプですが後部座席のスピーカーも装備されていますので、車の運転席や助手席だけでなく後部座席に座っていてもしっかりと音楽などを聴くことができます。
ドライバーが1人で運転をする際であっても車の中に響き渡る素敵な音響がドライブを一層楽しませてくれるでしょう。

タント

非常に大きなドアが設置されており、乗り降りばかりではなく、荷物を積む際や下ろす際にも便利なことで知られているタント。
車内の空間が広々としているだけでなく、多くの荷物を積むことができるので、遠方までお出かけをする際にもストレスを感じにくい車となっています。
ご家族で出かける際などにも様々なドライビングサポートによって安全な走行ができるでしょう。

カラバリが豊富

タントには非常に多くのカラーバリエーションがあります。
11もよカラーがありますのでお好みに合うものが見つかるでしょう。
ブルーはじめとして、ホワイトカラーなどについてもパールタイプや、そうではないタイプなどがあり、いくつかのグレードには専用色まで準備されています。

また、専用のインテリアなどもあります。
ホワイトアクセントに関してはこちらの専用インテリアで、ライトローズマイカメタリックの車内空間が広がります。

ドライバーをサポートする機能がたくさん

様々なアシスト機能も豊富なタントは、衝突回避支援ブレーキ機能というものがあります。
こちらに関しては走行中に前方20m 以内の前方車があれば、これを事前に察知した上で危険が高まった際には急ブレーキをかけてくれるものとなっています。

ドライバーがはっとする前に車がいち早く察知してしっかりとブレーキをかけてくれるので、衝突事故を防ぐことにつながります。
また、危険を察知した際には衝突警報機能もありますので、メーター内の表示およびブザーで危険を知らせてくれるのもありがたいです。

その他にも車線から逸脱しそうになってしまった場合には警報で知らせてくれるといった機能や、エネルギーを抑制してくれる機能などが搭載されています。
また誤発進抑制機能に関しては前方だけではなく後方についてもしっかりと作動しますので、このような部分を考えても老若男女多くの方に安心して乗っていただけるクルマとなっています。

視界が広く乗りやすい

タントは非常に窓が大きい設計になっていますので、運転中の視界が広く乗りやすいといった特徴があります。
シフトをリアに入れた際などには自動的にビューモニターが作動することになっているのですが、複数箇所にカメラが設置されていますので多方向を確認しながら車のバック操作を行うことができます。

さらにヘッドランプはLED を採用しており、暗い中での走行も安全性を高めています。
ドアミラーはキーレスフリーとなっているため施錠することによって自動的に開閉が行われます。
低燃費といった部分にもしっかりと力を入れており、新エコアイドル機能が搭載されています。

車を停める前の段階からエンジンを止めて、燃費仕様となりますので無駄にエネルギーを消費してしまうことがありません。
坂道発進でも安心して走行することができるようにホールドシステムが搭載されているのも、自動車の運転に自信の持てないドライバーさんをしっかりフォローしてくれます。