ヴォクシー

スタイリッシュでスポーティ

トヨタのヴォクシーはスタイリッシュでスポーティです。
夢見る少年がそのまま大人になって、父になったような感じにも見えます。

小型車ですが、走りの機能の追及したモータースポーツ直系のデザインはカッコイイです。
カラーも様々ですから、お好みで選べます。

最近はこのような小型車に乗る人が増えているようです。
スーパーの駐車場等、小型車が沢山停まっているのをよく見ます。
小回りが利き、運転しやすいということもあるのでしょう。

家族で楽しめる空間

天井まで140cmの室内はお子様を乗せるのにちょうどよいでしょう。
お子様は小学生くらいになりますと、スポーツ関係の試合が合ったり、塾や習い事の送り迎えがあったりしますから、このくらいの車があると便利です。

また、ボックス型になっていますので、荷物も積みやすいです。
自転車を入れて、遠出なんていうのも可能でしょう。

そして、ドアも広く開きますので、家族皆の乗り降りも楽々です。
サードシートも大人がくつろげる広さですから、パパ、ママが順番で運転しても良いでしょう。

優れた走行と環境性能

ハイブリッドシステム採用により、低燃費、エンジンとモーターの優れた加速性能、低重心化、静粛性の向上といったものが実現されました。
乗り心地の良さや走行性能の良さは定評があります。

このような車ですと、運転する方も気持ちよく運転できますし、乗る人も心地よい時間が過ごせます。
ご家族での遠出や大型店へのちょっとした買い物にもぴったりでしょう。
車に慣れない高齢の方も心地よく乗ってくれるでしょう。

家族のために安全運転を心掛けよう

ヴォクシーはセーフティー・サポートカーです。
セーフティー・サポートカーとは政府が交通安全の対策として普及啓発しているものになります。

セーフティー・サポートカーには種類がありますので、ご説明致しましょう。
サポカーとサポカーSがあります。
この名前は予防安全機能を備えた車の愛称です。

サポカーは自動ブレーキ搭載の車の事で、サポカーSは自動ブレーキのみでなく、高齢者に多い踏み間違いを防止する機能が搭載された車です。
グレードによっては、同じ車種でも安全装置の設定は違うかもしれません。

但し、この装置はあくまでも、サポート機能ですから、過信をしないようにしましょう。
言うまでもないことでうが、運転手が気を付けることが一番良いことです。

車は便利ですが、その一方走る凶器とも言われます。
一緒に乗る家族のためにも、安全運転を心掛けましょう。
ちょっとしたことで、大変な事故につながってしまいますから、特に遠距離運転の際はお気を付け下さい。
寝不足などで、居眠りをしないように、運転の前の日はよく寝ておきましょう。

ヴェルファイア

インパクトのある大胆不敵な外観

トヨタのヴェルファイアは、カッコイイです。
インパクトのある大胆不敵な外観は力強い躍動感がみなぎっていて、心躍るものを感じる人もいるでしょう。

セルフリストアリングコートを全カラーに採用していますから、ちょっとした小さな傷も自己修復できますから、いつまでも綺麗でいられるのです。
これは使う人にとっては嬉しいことでしょう。
洗車時等に傷が付きやすいものと思ってあきらめないで良いようになります。
新車のように長くピカピカでいてくれるのであれば、気持よく使えるでしょう。

室内のポジションを調整できて快適

ヴェルファイアはロングスライドレール使用で、スーパーロングスライドが可能です。
何と、最大で1,160mmですから、助手席も快適でしょう。

この車はファミリータイプですから、お子様がだんだん大きくなるのを想定して乗れるようになっています。
このように室内のポジションを調整できれば、窮屈な思いをさせずに済むでしょう。
また、使わない座席をたたんで、広々と使う事も可能ですから、乗る人の人数によって調整できます。

ハイブリッドシステムで実現可能な低燃費

ハイブリッドシステムについて、ご説明致します。
環境にも配慮しながら、気持よく走るという事にも重点をおき、より少ないエネルギーで走るという低燃費をヴェルファイアは実現しました。

アトキンソンサイクル、クールドEGRといった排出ガスシステムの採用によって、高い燃焼効率を実現できたのです。
また、連続可変のバルブタイミング機構を採用したことにより、街中や高速道路でスムーズな走りは出来ます。
そして、振動を抑制するバランスシャフト等の採用で振動、騒音を最小限に抑えられるのです。

安全装置を見てみよう

ヴェルファイアはセイフティ・サポートカーS<ベーシック+>です。
これは、政府が交通事故防止対策として取り組んでいる政策の一環になります。
万が一、ペダルを踏み間違えた時に加速を抑制する装置等、安全に配慮したものを搭載し、ドライバーの安全をサポートするのです。
最近、頻発する高齢者の事故が背景になる事は否めないでしょう。

そして、プリクラッシュセーフティシステムというものがあります。
ミリ波レーダー進路上の先行車、障害物を検出しますから、衝突の可能性をすぐにキャッチし、警報やブレーキの制御をして衝突回避を支援するのです。
万が一の場合はブレーキを踏めなかったとしても減速しますから、被害を最小限に防ぎます。

それでも、ドライバーが気を付けて運転することが一番ですから、運転中は居眠り等、しないように普段から運転前にはよく寝る等して、寝不足には気を付けましょう。
常に安全運転を心掛けて下さい。

アクア

シャープな外観に心しびれる

トヨタのアクアは、とにかく見栄えが良いでしょう。
好みもありますが、フォトジェニックな印象ですから、インスタに納めたくなる人もいるかもしれません。

全体的にシャープな外観に心奪われる人もいらっしゃるでしょう。
その眼差しは未来を見つめ、サイドのなめらかなカーブはしなやかです。

そして、存在感をアピールするようなフロントフェイスは印象的で王者の風格です。
カラーによっても雰囲気は変わりますから、お好きなカラーイメージしてみましょう。
カラーは豊富ですから、お好きなカラーを選びましょう。

こだわりぬいた室内

室内にはこだわりがあります。
運転席の洗練されたデザインにクォリティの高さを感じるでしょうし、クッションの柔らかさもちょうど良いので、座りやすいでしょう。
そのこだわりは細かいところまで、抜かりなくコックピットの丁寧な作りは定評がありますから、運転することが喜びとになります。
ドライブインフォメーション、エコジャッジ、燃費履歴も明確です。

また、ゆとりのあるスペースですから、後部座席も窮屈になることなく、ゆったり座れますから、体の大きな人でも大丈夫です。
そして、簡単に広がるラゲージスペースも便利で助かるでしょう。
買い物時に家具等を買った時に入れやすいです。
奥行も容量もたっぷりなところが嬉しいでしょう。

燃費がいい!

燃費がいいのも嬉しいところです。
スタート時はモーターのみで発信しますので、排出ガスをだしません。
走行時はエンジンとモーターを最適な効率で走行します。
中速走行時はモーターのみですから、エンジンは作動しません。

ブレーキ時にも充電できますから、むだはありません。
渋滞にはまっても燃費は大丈夫です。
また、停止中もエアコンが効くのも嬉しいところでしょう。
加速時はエンジンとモーターのダブルパワーです。

セーフティー・サポートカー

アクアは政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているセーフティー・サポートカーです。
交通事故の発生防止、被害軽減対策の一環として、国に奨励しているコンセプトで、最近多発する高齢者ドライバーによる事故もこうした車が作られた背景にあるでしょう、
自動ブレーキ等の安全運転装置が搭載され、ドライバーの安全をサポートします。

セーフティー・サポートカーには種類がありますので、ご説明致しましょう。
サポカーとサポカーSがあります。
この名前は予防安全機能を備えた車の愛称です。

サポカーは自動ブレーキ搭載の車の事で、サポカーSは自動ブレーキのみでなく、高齢者に多い踏み間違いを防止する機能が搭載された車です。
いずれにしましても、事故がないよう、安全に気を付けて運転しましょう。

プリウス

量産型ハイブリッドカー

世界で初めて、量産型のハイブリッドカーとして誕生したのが、トヨタのプリウスです。
搭乗したときには、電気の力でモーターを回す車として、電気自動車との区別もよく分からず、奇異な車として映ったものでした。
しかし、現在ではプリウスは世界中で販売される大ヒット車としてまで成長することになるのです。

この背景には、ハイブリッドカーとは一体何なのかという浸透があったことが重要でしょう。
それまでは、よく分からない車だったハイブリッドシステムを、プリウスは浸透してみせたのです。

わかりやすい性能だったからこそ

プリウスが持つハイブリッドシステムは、エンジンの力で発電しながらも走行することができるスプリット方式です。
エンジンとモーターの両方の力を合成することができ、どうしても燃費が落ちる発信時にモーターを使うことで、燃費を驚異的なレベルに引き上げることができました。
逆に燃費がいい段階では、エンジンを回しながらも発電をして電気をためていくことができるため、エンジン出力の変化を最小限に抑えることもできるのです。

こうして、ハイブリッドシステムは燃費のいいシステムとして浸透することができるようになりました。
機構はよくわからなくても、驚くほどのレベルの燃費はユーザーに対してわかりやすく、主張しやすいものだったのです。
トヨタに比べて、ホンダが自社システムを浸透させることに苦しんだのに比べると、プリウスの存在はとてもわかりやすいものだったといえるでしょう。

さまざまな新機構を積んだ車として生まれたプリウスでしたので、さまざまな情報サイトも生まれました。
有名なサイトの一つですが、こうしたサイトを見るとプリウスの軌跡がわかります。
>>プリウス情報サイト|PRIUS NAVI

注目を集めやすいため、3代目が登場したときにこうしたサイトも生まれました。
3代目もまた、人気の高いものであります。
>>新型プリウスの特徴|新型プリウスの評価と評判!

新機軸だからこその欠点がある

プリウスは、スタイリッシュなボディラインを持ち、多くのメリットが存在します。
しかし、新機軸の技術が多数投入されていることによるデメリットもたくさん存在します。
>>トヨタ プリウスの特徴とメリットデメリット|Goo-net(グーネット)

特に大きなポイントとなるのは、割高感でしょう。
車体本体価格は、同じクラスの車に比べれば、かなりのものになってしまいます。
燃費がいいということを売りにはしていますが、実用レベルで考えた場合には、かなりの出費になってしまうこともあるのです。

ただし、各種割引措置がありますし、ハイブリッドだから受けられる優遇策もあります。
こうしたものを利用することにより、割高感を抑えることはできます。
逆に知らなければ、かなり高い買い物になってしまうことも知らなければいけないでしょう。

電気の力で発進するプリウスですので、静かすぎるということが社会問題となりました。
車が近寄ってきても、歩行者には認識することができなかったりするのです。
交通安全という面でも、非常に危険だと指摘されるようになり、現在では車両接近通報装置が搭載されるようになりました。

しかし、この装置もオンオフが可能なものであり、切られてしまえば効果を発揮することはできません。
実際にほとんどのプリウスで切られてしまっているため、気が付くと後ろにいてひやりとした経験のある人も多いでしょう。

何よりもデメリットになるのは、バッテリーの存在です。
これがなくしてプリウスにはなりませんが、中古車として考えると、このバッテリーを交換すると、びっくりするほどの費用がかかります。
消耗品として考えるべきパーツでもありますので、必ず考慮しなければいけない部分でしょう。

いろいろとありますが、プリウスは魅力の詰まった車であることは間違いありません。
ライフスタイルに合わせて、さまざまな派生車種も存在しますので、購入の際には参考にしてみるといいでしょう。