無理のないシンプルな形へとチェンジ

ホンダのディーラーは、以前はプリモ店、ベルノ店、クリオ店と3つのチャンネルにわかれていました。
これを2006年に一本化し、Honda Cars店に名称が変更されています。
もうひとつ中古車のチャンネルとして、オートテラスがありますので、2チャンネル体制になっているといっていいでしょう。

日本の自動車メーカーは、みな多チャンネル化を目指した時期がありました。
しかし、それだけの車種を抱えなければならず、採算性に問題も出てくるのです。
大きな失敗をしたマツダがいい例であり、ホンダも無理をして車種を作り差別化を図らなければいけない状況から脱し、シンプルな形になりました。

中古車も技術のホンダらしく

技術のホンダらしく、非常に細かなところまでサービスをするのが特徴です。
オートテラスで掲げられている安心・信頼・満足という言葉がキーワードになっており、中古車でも常に高いサービスを提供しているのです。

ホンダのラインナップは、ある程度絞られた車種がそろっています。
将来においても、ホンダの車を選んでもらえるように、常に高いサービスを提供するという意味が込められているのです。
スタッフのレベルアップも図るために、定期的な研修も繰り返しており、一定のところで満足しないようになっています。

品質を見てみると、オートテラスはほかにはない特色があるのです。
それが、自社製品しか販売しないというところでしょう。
他社の車種は販売しておらず、ホンダ車のみに絞り込んでいるのです。

専売にすることにより、高品質の車を販売することができます。
高年式と少走行が中心となっているのも特徴で、半数以上が高年式か少走行というこだわりがあるのです。

最近のメーカーは、こうした専売を控えていました。
販売機会の喪失ということもありますが、買取りということを考えると、どうしても利益を出せず競争に勝つことができなくなるからです。

それでもホンダはこだわりを持って中古車を販売しています。

展示場に並ばせるには、厳しい基準がかけられており、不具合が見つかれば即交換するのです。
この基準はHonda中古車商品化整備基準として明文化されていますので、購入する側もすぐにわかるようになっています。
利益を重視するのではなく、技術のホンダらしく、どの車を購入しても、安心して乗ることができるといえるでしょう。