接客が丁寧である

日産のディーラーは、旧日産店とモーター店のブルーステージとサティオ店とプリンス店、チェリー店を統合したレッドステージにわかれています。
もう一つの販売チャンネルが、両方の車を取り扱っているレッド&ブルーステージになるのです。

構成からわかる通り、実際には2チャンネル販売であるといえるでしょう。
中古車はNISSAN U-CARSがあります。

特徴としては、接客が丁寧であるということがあげられます。
日産全店でいえることですが、細かな部分にまで対応する努力は、ほかのメーカーよりも手厚い部分でしょう。

商品知識も豊富で、車のことなら何でも相談できるようになっています。
もちろん、営業と整備ではわかれていますが、どちらも自社の車のみならず、業界人として幅広い知識が、丁寧な接客につながっていることは、間違いないことなのです。

これも、かなり厳しい教育を受けることから実現できている部分でもあります。
整備士としても日産統一の資格を持たなければならず、自社内で厳しいラインを引いているからこそ、高いレベルになっているのです。

中古車の品質と信頼レベルは高い

中古車に関しても、日産系のディーラーは品質を重視しながら、しっかりした保証をつけることが特徴になっています。
わかりやすい商品構成が心がけられており、他のメーカーも取り扱うようになりました。

しかし、トヨタほど幅広く扱っているわけではなく、かなり日産に偏ってしまうのは、経営方針の違いだともいえるでしょう。
それでも、購入者のツボを抑えた戦略は、さすが日産であるといえるのです。

日産全体にいえることですが、基本的に単価は高めです。
これは、自動車本体価格ということもありますが、整備費用なども定価として定めたものを強く押し出してきます。

特に中古関連の整備や点検には、かなりの費用を請求することでも知られているのです。
それだけの仕上がりを求めることもできますので、中古車の信頼性はかなり高いレベルにあるといえるでしょう。