車を選ぶ最初の選択肢

車を購入するとするのであれば、2つの選択肢から考えることから始めなければいけません。
それは、新車にするのか、中古車にするのかということです。

新車と中古車ということだけで考えれば、新品か誰かのお古かということだけと見ることもできるでしょう。
しかし、もっといろいろな視点から見なければ、その良さを比較することはできないのです。
扱っているディーラーにも違いがありますので、そのあたりも含め考えていかなければいけません。

メーカー系列と独立系

車を販売するディーラーには、メーカー系列と独立系があります。
メーカー系列は、その名前の通りメーカーの系列店舗で、そのメーカーの車を扱っています。
専門化していると考えることもできますが、新車の場合には、ほかのメーカーの車は扱いません。

中古車のメーカー系列の場合、自社の車以外にも扱うことが出てきます。
最近では、新車のディーラーと併設する形で中古車店を建てているケースも出てきました。
こうしたディーラーであれば、かなりの範囲で選ぶことができるといえるでしょう。

ただし、LEXUSの様に、自社のブランド確立を重視しているところもあります。
こうした場合、中古車の取り扱いもかなり独自でほかの車を扱わないというポリシーがあったりもしますので、注意が必要でしょう。

独立系の形

独立系のディーラーは、いろいろな形があります。
新車を販売することだけではなく、中古車まで含め販売しているケースもありますし、修理工場が中古車を販売しているディーラーもあるのです。

規模もいろいろあり、地域色の強い企業もあれば、全国展開しているところも存在します。
中古車ということを考えると、地域色の強いところでは車を集めにくいため、オークションを利用しているケースがほとんどです。
全国展開している場合には、かなりの台数を集めることができるため、独自のオークションを開催しているところさえあります。

独立系の場合、あまりメーカーの縛りが強くないため、数多くの車種を集めることができる特徴があるのです。
そのため、比較検討ということでは、独立系のディーラーのほうがいいこともよくあります。

購入価格違いに意味がある

新車と中古車は、購入価格に大きな違いがあるといえるでしょう。
しかし、この価格の違いは、自動車という工業製品が抱える問題もあるからということを忘れてはいけません。

工業製品である以上、メンテナンスが必要で、いずれ壊れるものも出てきます。
特に問題になるのはエンジンで、走行距離数が増えれば、それだけ寿命が短くなってきていると考えることができるのです。
そのため、走行距離数が伸びると、極端に安い車も出てきます。

ですが、日本車の信頼度は高く、簡単に壊れないのも事実です。
ある一定年数だけ乗りたいといった場合や、そこまで酷使しないというのであれば、安価で購入できる中古車のほうがメリットは強まります。
さらに、現在販売されていない車を購入できるというのも、中古車だからできるメリットでしょう。

新車も中古車も、それぞれ魅力があります。
自分のライフスタイルや予算に合わせて考えてみると、失敗せずに選択できるようになるでしょう。