存在しない中古車販売チャンネル

スズキには、中古車販売専用チャンネルは存在しません。
スズキの自動車販売に関する構成ということも重要になりますが、こうした機能を持たずとも販売することができるからです。

また、スズキは、フランチャイズ制を敷いています。
スズキアリーナ店は、独立資本で運営されているフランチャイズ店であり、中には中古車販売店もあったりするのです。
こうした経営形態があるため、特別に販売チャンネルが存在しないといえるでしょう。
中古車を余らせることなく自社やフランチャイズで販売が賄えるのは利点が多いと言えます。

下取りのシステムが中心

買取りということに関しては、古くからディーラーが行ってきた下取りという形が強く表れます。
しかし、フランチャイズ店に対する縛りがそこまで強くないため、そのまま自社販売できるところがほとんどなのです。
そのため、転売するための経費を乗せる必要がなく、意外と高価で買取りしてくれるところが多くあります。

もちろん、スズキの販売店ですので、スズキの車の買取りのほうが効果になりやすいといえるでしょう。
中古車としても、スズキの軽自動車は高い人気がありますので、販売しやすいことからも、高額になりやすいといえます。
ですが、どうしても他社の車は、中古車としての販売を中心としていなければ、高額で買取りを期待するのはつらいところがあるといえるでしょう。

こうした組織的な問題は、やはり屋台骨の小さいスズキの弱点ともなっているのです。
その代わりに、値引き幅も大きいスズキの販売店ですので、中古車買取り店で売って購入するというのも考え方の一つになるでしょう。
リセールバリューの強さは、トヨタにも匹敵する部分がありますので、うまく使っていけばいい車を安価で手に入れることもできるのです。

ただし、軽自動車ということで、普通乗用車よりも年数や走行距離数で下がる金額の割合は大きなものとなります。
特にターボ車の場合には、ある程度の距離を超えると、かなり大きく落ち込みますので、乗り換えの時期はよく考えなければいけないのです。