新車の保証もしっかりしている

世界のトヨタとも呼ばれるようになったトヨタは、ただ車を生産し販売する企業ではありません。
自動車に関わることすべてに責任を持つという姿勢を貫いている企業でもあります。
そのため、車に対する保証という面も、かなり手厚くなっているのです。

新車の保証としては5年10万キロ保証があります。
一般保証は3年または6万キロですが、ステアリング機構やエンジン機構など走行や安全にかかわる部品は、特別保証として5年10万キロまで面倒を見てくれるものです。
法令点検や整備をしていないと対象外となってしまいますが、5年10万キロという自動車の境界線的な時期まで面倒を見るのは、かなり手厚い保証となっています。

もう一つが、保証がつくしプランでしょう。
メーカーの保証終了後であっても、一部パーツに関して保証を継続させることができるプランで、金額的にもわずかな出費で済ますことができます。
解約返戻金もあり、保証開始前であれば、全額返還してもらえるのですから、新車で購入するのであれば、つけておくべき保証だといえるでしょう。

驚くほど手厚いロングラン保証

ディーラー系中古車の場合、ロングラン保証があります。
トヨタらしい太っ腹な保証ですが、年式も車種も走行距離も問いません。

他のメーカーであっても、1年間は走行距離も関係のない保証が付いているのです。
購入時に搭載されているものであれば、ほとんど対象になるとことが重要で、社外オーディオなどであっても、保証対象になるのですから、手厚いというレベルを超えているでしょう。

さらにロングラン保証αでは、3年間の延長も可能です。
かなり割安な設定になっており、1年間5千円程度で抑えられる車種もあります。

こうした保証を行っているのも、中古車を販売する際に、徹底して整備してから販売しているということがあるでしょう。
故障率をおさえ、使いたいときに使える車を提供するというのは、トヨタのポリシーでもあるわけですから、こうした保証もすることができるのです。
トヨタ系ディーラーで中古車を購入するのであれば、この保証はぜひとも組んでおくべき価値があるといえるでしょう。