規模を生かした買取りシステム

トヨタといえば、新車販売台数で世界一に輝くほどのメーカーです。
日本だけではなく、自動車メーカーを代表する企業でもありますが、あまり中古車には積極的ではありませんでした。
当然のことながら、新車の販売を圧迫する存在ですので、積極的であるはずはなかったのですが、T-UPの展開からかなり変わってきたといっていいでしょう。

全国にディーラーを展開しているトヨタですので、販売するチャンネルは豊富にあります。
買取りに関しても、こういった自社チャンネルで整備し販売することができるため、高額で買取りすることができるようになっているのです。

以前はディーラー系に下取りに出したりすれば、ほかの企業に販売せざるを得ませんでした。
そのため、二束三文になることも多く、場合によっては引き取り手数料を請求されることもあったのです。
これが、トヨタでも自社販売を進めるようになり、マージンを抑えることができるようになったことで、高額買取りができるようになりました。

さらに、ネットワークを生かし、全国オートオークションのデータを活かすことで、適正な価格を調べ上げることができるのです。
今まであったような、わかりそうでわからない買取り金額ではなく、透明性の高いはっきりとした買い取り額の提示も行われるようになりました。

リセールバリューの良さを生かす

トヨタの車といえば、リセールバリューの良さが魅力です。
値引きが低いトヨタですので、この特色をどう生かすかということも買取りに出す場合には重要なポイントとなるでしょう。

単純に買取りということだけであれば、中古車専門店のほうが高くなることもあります。
ですが、トヨタに販売することで、新車の値引きに充てやすく購入しやすくなるというのも確かなのです。
その中で、かなり高額買取りをするようになってきていますので、あえて別の店舗に持ち込むという手間をかけずに済むようにもなりました。

実際にリセールバリューの高いトヨタの車は、どこに持ち込んでもかなりの価格をつけてきます。
しかし、自社ブランドを活かすことができるトヨタだからこそ、さらなる付加価値をつけることもあるのです。
今までのディーラーの下取りではなく、買取りであるということを考えても、姿勢の違いを見てとることができるでしょう。