ダイハツウェイクは収納スペースがとてもたくさんあることや、車内そのものも広々としているといった特徴を持つ車です。
軽自動車でありながらそれ以上の大きさを持つ車のように感じられるスペースが確保されています。

カラーは基本が9色

ウェイクの基本カラーは9色となっています。
ブラックマイカメタリックやフレッシュグリーンメタリック、さらにはマイカメタリックオレンジメタリック、マイカメタリックパールホワイト、ブラウンクリスタル、マイカグレーメタリック、メタリックとなっています。

またこの他にもツートンカラーが準備されていますので一色だけでは物足りないという形におすすめです。
車内のアクセサリーに関しても満足のいくものばかりとなっており、助手席にはアンダーボックスが設置されていることや、その他にも助手席のシートバックテーブルが使えることなどは主婦にも嬉しい仕様となっています。
また、大型のインパネトレイなども設置されているので、比較的大きな荷物でもこのようなスペースに置くことができます。

その他のスペースを考えた場合にも大型車ハンドルやインパネアッパーボックスカップホルダーやグローブボックス、運転席シートクッションポケットまでもが標準装備となっています。
もちろんこのほかにもたくさんの収納スペースがあるので、小物から大きなものまでたっぷりと詰めても良いデザインになっています。

ベストポジションが決まる

ドライビングをする上でポジションというのはドライバーにとって、とても大切な部分となります。
ステアリングをはじめとして、その他にもインテリジェンス機能が搭載され手元で簡単な操作を行うことができるようになっています。
運転席のシートリフターに関してもちょうど良いバランスで設置されていますので、シートの角度を調整したいと思った時には、すぐにでも自分のベストポジションを見つけることができるでしょう。

車の背そのものが非常に高くなっていますので、窓も大きく視界が広々としているのも安心して運転できるポイントになります。
フルフラットにできるシートでのんびりと横になれるだけでなく、自転車やその他にも大きな荷物をたくさん積むことができます。
シートは撥水加工になっているので雨に濡れたまま車に乗り込んでも安心。

リヤは左右を別々に動かせる

リアシートが左右分割でリクライニングできるというのは、軽自動車の中でも非常に珍しいデザインだと言えます。
双方が連動してしまうのではなく、それぞれを分割してリクライニングすることができるため右側と左側でベストポジションを見つけて乗ることができるでしょう。

また両側ともパワースライドドアになっているので、ワンタッチオープン機能を使用することにより大きな荷物の積み込みも楽になります。
運転席からも簡単に操作することができるため、チャイルドプロテクションを使用しながらお子様の安全を守ることにもつながります。

大きな荷物の出し入れをする際などにはすぐにドアを閉めることができず困ることがありますが、ウェイクならば予約録機能があるので荷物を降ろして、しばらくしてから自動ロックをしてくれるというのもドライバーにとっては非常に大きな安心感になります。