近年では低迷をしているが復活が期待されています

三菱自動車はかつてはTOYOTA、日産自動車に次ぐ国内第三位のシェアのメーカーでした。
国内の自動車メーカーとして最も長い歴史があるのも三菱自動車で、過去にはパリ・ダカールラリーなど世界的に有名なモータースポーツの世界大会において連続優勝をした車種を担当したという実績もあります。

三菱自動車が低迷してしまうことになった決定的な原因として、燃費改ざんの問題がありました。
人気の軽自動車の車種として多くのユーザーがいた「ekワゴン」において燃費改ざんがあったということが表に出たことにより一気に業績が悪化をしてしまい、現在では経営危機を回避するためにルノー=日産アライアンスと資本提携をしています。

そんな三菱自動車の創業の歴史をたどってみると、まず「三菱」の誕生から始まります。
「三菱」というのは土佐藩出身の岩崎彌太郎が1870年(明治3年)に海運事業を始めたことが起源です。
その後親族で社長が交代をしてゆき、四代目までに岩崎家により事業の基礎が作られました。

終戦後の1946年(昭和21年)に三菱は解体させられることになりますが、その後もいくつかの会社に分かれて営業を続けていくことになります。
初めて三菱が自動車を作ったのは1917年(大正6年)のことで、日本初の量産乗用車である三菱A型1号がリリースされました。

現在も軽自動車ではトップシェアにランクイン

現在自動車の販売をしているのは「三菱自動車株式会社」で、こちらは1970年に三菱重工業から独立をして自動車専門のメーカーとなった会社です。
本社は東京都港区にあり、本社所在地にショールームも置かれています。

三菱自動車にも「三菱ふそう」というトラック・バスなど大型車を中心に扱う企業と、「三菱」という一般向けの乗用車を販売している企業とがあります。

現在のカーラインナップとしては、SUV、ミニバン、コンパクトカー、軽自動車があり、さらに商用車としていくつかの車種があります。
パワーのある大型車も高い品質なのですが、現在三菱自動車の主力商品は軽自動車です。

大人気車種「ekワゴン」を中心として展開しており、毎年の軽自動車販売車数ランキングではトップ10にランクインしています。
SUVの名車として有名な「パジェロ」などもまだ新車で販売しているので、三菱のブランド名はまだまだ多くの人に評価されていると言えます。
近年では電気自動車などエコカーに力を入れるようになりました。

>>三菱系ディーラーの特徴・品質
ブランドイメージを一新して技術力の高さで勝負をしています。

>>三菱系ディーラーの保証
「つく2保証(ハーティプラスプログラム)」で長期延長が可能な保証がついてきます。

>>三菱系ディーラーの買取
公式中古車情報サイト「MCnet」で情報発信をしています。