量産型ハイブリッドカー

世界で初めて、量産型のハイブリッドカーとして誕生したのが、トヨタのプリウスです。
搭乗したときには、電気の力でモーターを回す車として、電気自動車との区別もよく分からず、奇異な車として映ったものでした。
しかし、現在ではプリウスは世界中で販売される大ヒット車としてまで成長することになるのです。

この背景には、ハイブリッドカーとは一体何なのかという浸透があったことが重要でしょう。
それまでは、よく分からない車だったハイブリッドシステムを、プリウスは浸透してみせたのです。

わかりやすい性能だったからこそ

プリウスが持つハイブリッドシステムは、エンジンの力で発電しながらも走行することができるスプリット方式です。
エンジンとモーターの両方の力を合成することができ、どうしても燃費が落ちる発信時にモーターを使うことで、燃費を驚異的なレベルに引き上げることができました。
逆に燃費がいい段階では、エンジンを回しながらも発電をして電気をためていくことができるため、エンジン出力の変化を最小限に抑えることもできるのです。

こうして、ハイブリッドシステムは燃費のいいシステムとして浸透することができるようになりました。
機構はよくわからなくても、驚くほどのレベルの燃費はユーザーに対してわかりやすく、主張しやすいものだったのです。
トヨタに比べて、ホンダが自社システムを浸透させることに苦しんだのに比べると、プリウスの存在はとてもわかりやすいものだったといえるでしょう。

さまざまな新機構を積んだ車として生まれたプリウスでしたので、さまざまな情報サイトも生まれました。
有名なサイトの一つですが、こうしたサイトを見るとプリウスの軌跡がわかります。
>>プリウス情報サイト|PRIUS NAVI

注目を集めやすいため、3代目が登場したときにこうしたサイトも生まれました。
3代目もまた、人気の高いものであります。
>>新型プリウスの特徴|新型プリウスの評価と評判!

新機軸だからこその欠点がある

プリウスは、スタイリッシュなボディラインを持ち、多くのメリットが存在します。
しかし、新機軸の技術が多数投入されていることによるデメリットもたくさん存在します。
>>トヨタ プリウスの特徴とメリットデメリット|Goo-net(グーネット)

特に大きなポイントとなるのは、割高感でしょう。
車体本体価格は、同じクラスの車に比べれば、かなりのものになってしまいます。
燃費がいいということを売りにはしていますが、実用レベルで考えた場合には、かなりの出費になってしまうこともあるのです。

ただし、各種割引措置がありますし、ハイブリッドだから受けられる優遇策もあります。
こうしたものを利用することにより、割高感を抑えることはできます。
逆に知らなければ、かなり高い買い物になってしまうことも知らなければいけないでしょう。

電気の力で発進するプリウスですので、静かすぎるということが社会問題となりました。
車が近寄ってきても、歩行者には認識することができなかったりするのです。
交通安全という面でも、非常に危険だと指摘されるようになり、現在では車両接近通報装置が搭載されるようになりました。

しかし、この装置もオンオフが可能なものであり、切られてしまえば効果を発揮することはできません。
実際にほとんどのプリウスで切られてしまっているため、気が付くと後ろにいてひやりとした経験のある人も多いでしょう。

何よりもデメリットになるのは、バッテリーの存在です。
これがなくしてプリウスにはなりませんが、中古車として考えると、このバッテリーを交換すると、びっくりするほどの費用がかかります。
消耗品として考えるべきパーツでもありますので、必ず考慮しなければいけない部分でしょう。

いろいろとありますが、プリウスは魅力の詰まった車であることは間違いありません。
ライフスタイルに合わせて、さまざまな派生車種も存在しますので、購入の際には参考にしてみるといいでしょう。