インパクトのある大胆不敵な外観

トヨタのヴェルファイアは、カッコイイです。
インパクトのある大胆不敵な外観は力強い躍動感がみなぎっていて、心躍るものを感じる人もいるでしょう。

セルフリストアリングコートを全カラーに採用していますから、ちょっとした小さな傷も自己修復できますから、いつまでも綺麗でいられるのです。
これは使う人にとっては嬉しいことでしょう。
洗車時等に傷が付きやすいものと思ってあきらめないで良いようになります。
新車のように長くピカピカでいてくれるのであれば、気持よく使えるでしょう。

室内のポジションを調整できて快適

ヴェルファイアはロングスライドレール使用で、スーパーロングスライドが可能です。
何と、最大で1,160mmですから、助手席も快適でしょう。

この車はファミリータイプですから、お子様がだんだん大きくなるのを想定して乗れるようになっています。
このように室内のポジションを調整できれば、窮屈な思いをさせずに済むでしょう。
また、使わない座席をたたんで、広々と使う事も可能ですから、乗る人の人数によって調整できます。

ハイブリッドシステムで実現可能な低燃費

ハイブリッドシステムについて、ご説明致します。
環境にも配慮しながら、気持よく走るという事にも重点をおき、より少ないエネルギーで走るという低燃費をヴェルファイアは実現しました。

アトキンソンサイクル、クールドEGRといった排出ガスシステムの採用によって、高い燃焼効率を実現できたのです。
また、連続可変のバルブタイミング機構を採用したことにより、街中や高速道路でスムーズな走りは出来ます。
そして、振動を抑制するバランスシャフト等の採用で振動、騒音を最小限に抑えられるのです。

安全装置を見てみよう

ヴェルファイアはセイフティ・サポートカーS<ベーシック+>です。
これは、政府が交通事故防止対策として取り組んでいる政策の一環になります。
万が一、ペダルを踏み間違えた時に加速を抑制する装置等、安全に配慮したものを搭載し、ドライバーの安全をサポートするのです。
最近、頻発する高齢者の事故が背景になる事は否めないでしょう。

そして、プリクラッシュセーフティシステムというものがあります。
ミリ波レーダー進路上の先行車、障害物を検出しますから、衝突の可能性をすぐにキャッチし、警報やブレーキの制御をして衝突回避を支援するのです。
万が一の場合はブレーキを踏めなかったとしても減速しますから、被害を最小限に防ぎます。

それでも、ドライバーが気を付けて運転することが一番ですから、運転中は居眠り等、しないように普段から運転前にはよく寝る等して、寝不足には気を付けましょう。
常に安全運転を心掛けて下さい。